格安航空券のデメリットとは

- 格安航空券のデメリットとは

格安航空券のデメリットとは

格安航空券は様々なメリットがあります。特に料金の安さに関しては、非常に大きなメリットと言えるでしょう。一方で、格安ならではのデメリットも存在します。ある程度割り切りが必要になりますが、予約の際は欠点も考慮することが重要です。

キャンセル料が高い

飛んでくお金
格安航空チケットで一番のデメリットとも言えるのがキャンセル料です。一般的な大手航空会社と比べ、やや高めのキャンセル料が設定されています。ただし、キャンセルするタイミングや航空会社により差がありますので、不安のある方は必ず確認しておきましょう。

予約変更できない場合も

格安航空券は大幅な割引料金で販売されていますが、予約変更に大きな制約があります。特にフライトの変更が難しく、航空会社によっては変更できないことも珍しくありません。他の日時に変更したい場合、一旦キャンセルして別の便を予約するなどの対応が必要です。

機内食などのサービスが有料

料金が抑えられている格安航空チケットですが、サービスは最低限のものしか提供されていません。大手では無料で利用できるサービスの多くが、有料で提供されているので注意しましょう。例えば機内食やドリンクは代表例で、別途予約したり機内で決済する必要があります。

荷物の重量に制約がある

格安航空会社のほとんどは、機内に持ち込める手荷物や預け荷物の重量の制限が厳しくなっています。細かく重さの制限を設けているため、1キロでもオーバーした場合、追加料金が必要になります。料金を抑えたい方は、なるべく荷物を少なくしたほうが良いでしょう。

座席指定が不可能

早めに予約するほど割引率も大きくなりますが、予約時の座席指定は不可能な場合がほとんどです。もし座席を指定したい場合、別途追加料金が必要なLCCもあります。ただし、全席が自由席になっていると、座席指定そのものが不可能なので気をつけましょう。

欠航時の補償が薄い

もしフライトがキャンセルになり、翌日以降の便に振り替えとなった場合、発生した宿泊費などは自己負担となります。大手では宿泊費などの補償を設けていることもありますが、格安航空チケットは翌日以降の便への振替のみで、他の補償は無いので注意が必要です。

デメリットも考えて利用しよう

格安航空券はデメリットも少なくはありません。しかし、割引率が大きく、料金を節約できるメリットがあります。利用する際は、これらのデメリットも把握した上で利用しましょう。

Copyright(C)2017 こんなにお得!利点いっぱいの格安航空券 All Rights Reserved.