人気の格安航空会社、スカイマークを利用するメリット

- 人気の格安航空会社、スカイマークを利用するメリット

人気の格安航空会社、スカイマークを利用するメリット

なるべく安く飛行機に乗りたいとLCCや格安航空券を探している人も少なくないかと思います。
しかし、そういったものはいろいろと利用に規制や制限があったり、思ったようなサービスが受けられなかったりといったデメリットもあるのが実情です。

スカイマークは路線数が多い

そういった規制や制限が少なくできるだけ快適に飛行機旅行ができるのが、スカイマークです。
スカイマークは羽田空港や神戸空港、茨木空港を拠点として全国各地へと飛行機を運航している航空会社で、JALやANA以外の国内の航空会社でもっとも路線数が多いのが特徴です。
また、羽田と那覇や福岡、新千歳などの人気メジャー路線を結ぶ便を運航しているのはANAとJALを除いてはスカイマークだけです。
LCCではアクセスのいい空港だけでなく空港までの移動に時間の掛かる空港を拠点としていることも多く、運行本数も多くないのが実情です。

スカイマークは運賃が安い

スカイマークのメリットは、航空券の運賃にもあります。
たとえば羽田―那覇間の通常運賃をJALやANAと比較した場合、片道で20,000円以上、往復なら40,000円安く予約できます。
また、JALやANAと同じく早期購入割引を実施しているので、これを利用すればさらに安く航空券を入手できます。
ただし、JALやANAのような搭乗75日前から21日前といったかなり事前の割引予約は行なっていないので、かなり前から予約が可能ならJALやANAのほうが安くなる場合もあり得ます。
とはいえ、スカイマークのメリットはやはり金額の安さもポイントとして挙げられます。
さらに「いま得」という残り座席数に応じて価格が変動するというサービスがあるのですが、これを利用すれば早期購入割引よりも安く予約が可能となります。
搭乗の3日前からでも予約ができるのですが、満席の場合には利用できなくなるので要注意です。

スカイマークは他にもメリットあり

荷物の多い女性
手荷物が無料で預けられる点もスカイマークのメリットです。
LCCでは機内持ち込み、機内預けのいずれの荷物もサイズや重さ制限がきびしいです。
機内持ち込み荷物サイズは厳密で少しでもオーバーすると持ち込みできず預け荷物となってしまいます。
そもそも預け荷物は有料なのでその支払いをしたくないから持ち込みにしようとしたのに、結局お金を支払うことになったというケースも珍しくありません。
スカイマークでは預け荷物は無料ですし、サイズや重量の制限はJALやANAと同じなので余裕があります。
また、LCCの利用者の不満で多いのが座席間隔の狭さですが、スカイマークはLCCよりも広くJALやANAとさほど変わらないのでゆったりできるでしょう。

LCCや格安航空券を探すのもいいですが、ワンランクアップのスカイマークはきっと飛行機旅行の強い味方になることでしょう。

  ← 前の記事:
  
Copyright(C)2017 こんなにお得!利点いっぱいの格安航空券 All Rights Reserved.